TestAddressAvailability

TestAddressAvailabilityメソッドを使用すると、特定のIPアドレスについて、ストレージ クラスタ内のインターフェイスで使用中であるかどうかを確認できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
interface ターゲットのネットワーク インターフェイス(eth0、Bond10Gなど)。 文字列 なし 有効
address ターゲット インターフェイスでスキャンするIPアドレス。 文字列 なし 有効
virtualNetworkTag ターゲットのVLAN ID。 整数 なし 無効
timeout ターゲット アドレスのテスト用タイムアウト(秒)。 整数 5 無効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
address テストしたIPアドレス。 文字列
available 要求したIPアドレスが使用中の場合はtrue、使用中でない場合はfalse。 ブーリアン

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
	"method": "TestAddressAvailability",
	"params": {
		"interface": "Bond10G",
		"address": "10.0.0.1",
		"virtualNetworkTag": 1234
	}
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
	"id": 1,
	"result": {
		"address":"10.0.0.1",
		"available": true
	}
}

新規導入バージョン

11.0