ListProtocolEndpoints

ListProtocolEndpointsメソッドを使用すると、クラスタ内のすべてのプロトコル エンドポイントに関する情報を取得できます。プロトコル エンドポイントは、関連付けられた仮想ボリューム ストレージ コンテナへのアクセスを管理します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
protocolEndpointIDs 情報を取得するプロトコル エンドポイントIDのリスト。このパラメータを省略すると、メソッドはすべてのプロトコル エンドポイントに関する情報を返します。 protocolEndpointID UUIDの配列 なし 無効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
protocolEndpoints システム内の各プロトコル エンドポイントの情報を含むオブジェクトのリスト。 protocolEndpointの配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "method": "ListProtocolEndpoints",
  "params": {}
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "protocolEndpoints": [
      {
        "primaryProviderID": 1,
        "protocolEndpointID": "1387e257-d2e3-4446-be6d-39db71583e7b",
        "protocolEndpointState": "Active",
        "providerType": "Primary",
        "scsiNAADeviceID": "6f47acc2000000016970687200000000",
        "secondaryProviderID": 2
      },
      {
        "primaryProviderID": 2,
        "protocolEndpointID": "1f16ed86-3f31-4c76-b004-a1251187700b",
        "protocolEndpointState": "Active",
        "providerType": "Primary",
        "scsiNAADeviceID": "6f47acc2000000026970687200000000",
        "secondaryProviderID": 3
      },
      {
        "primaryProviderID": 4,
        "protocolEndpointID": "c6458dfe-9803-4350-bb4e-68a3feb7e830",
        "protocolEndpointState": "Active",
        "providerType": "Primary",
        "scsiNAADeviceID": "6f47acc2000000046970687200000000",
        "secondaryProviderID": 1
      },
      {
        "primaryProviderID": 3,
        "protocolEndpointID": "f3e7911d-0e86-4776-97db-7468c272213f",
        "protocolEndpointState": "Active",
        "providerType": "Primary",
        "scsiNAADeviceID": "6f47acc2000000036970687200000000",
        "secondaryProviderID": 4
      }
    ]
  }
}

新規導入バージョン

9.6