ModifyStorageContainer

ModifyStorageContainerメソッドを使用すると、既存の仮想ボリューム ストレージ コンテナに変更を加えることができます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
storageContainerID 変更する仮想ボリューム ストレージ コンテナの一意のID。 UUID なし 有効
initiatorSecret イニシエータのCHAP認証用の新しいシークレット。 文字列 なし 無効
targetSecret ターゲットのCHAP認証用の新しいシークレット。 文字列 なし 無効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
storageContainer 新たに作成されたストレージ コンテナに関する情報。 storageContainer

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "ModifyStorageContainer",
    "params": {
      "storageContainerID": "6c95e24f-9f0b-4793-affb-5a4bc6c3d7e1",
      "targetSecret": "O,IM;tOQdn9$JJ*8"
    },
    "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "storageContainer": {
      "accountID": 8,
      "initiatorSecret": "T$|5TO>2IY5sk4@k",
      "name": "doctest1",
      "protocolEndpointType": "SCSI",
      "status": "active",
      "storageContainerID": "6c95e24f-9f0b-4793-affb-5a4bc6c3d7e1",
      "targetSecret": "O,IM;tOQdn9$JJ*8"
    }
  }
}

新規導入バージョン

9.6