ModifySnapMirrorEndpoint(管理対象外)

Elementソフトウェアでは、このバージョンのModifySnapMirrorEndpointメソッドを使用して、管理対象外のSnapMirrorエンドポイントのストレージ クラスタ名やIPアドレスの属性を変更します。管理対象外のエンドポイントは、Element SnapMirror APIでは管理できません。ONTAP管理ソフトウェアまたはAPIで管理する必要があります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
SnapMirrorEndpointID 変更するSnapMirrorエンドポイント。 整数 なし 有効
clusterName エンドポイントの新しい名前。 文字列 なし 無効
ipAddresses このElementストレージ クラスタと通信する必要があるONTAPストレージ システム クラスタのIPアドレスで構成される新しいリスト。 文字列の配列 なし 無効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
snapMirrorEndpoint 変更されたSnapMirrorエンドポイントの情報。 snapMirrorEndpoint

新規導入バージョン

10.3