ModifyClusterAdmin

ModifyClusterAdminこの方法を使用して、クラスタ管理者、 LDAP クラスタ管理者、またはサードパーティ ID プロバイダ( IdP )クラスタ管理者の設定を変更できます。管理者のクラスタ管理者アカウントのアクセス権を変更することはできません。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
access このクラスタ管理者が使用できるメソッドを制御します。 文字列の配列 なし 無効
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。 JSONオブジェクト なし 無効
clusterAdminID 変更するクラスタ管理者、 LDAP クラスタ管理者、または IdP クラスタ管理者の clusteradminid 。 整数 なし 有効
password このクラスタ管理者の認証に使用するパスワード。このパラメータは、 LDAP または IdP クラスタ管理者には適用されません。 文字列 なし 無効

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ModifyClusterAdmin",
   "params": {
     "clusterAdminID"  : 2,
     "password"   : "7925Brc429a"
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
 "id" : 1 
 "result" : { }
}

新規導入バージョン

9.6