syncJob

syncJobオブジェクトには、クラスタで実行中のクローニング、リモート レプリケーション、またはスライス同期化ジョブに関する情報が含まれます。

ListSyncJobs APIメソッドを使用すると、同期化に関する情報を取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
blocksPerSecond 1秒間にソース クラスタからターゲット クラスタに転送されるデータ ブロックの数。typeメンバーがremoteに設定されている場合のみ表示されます。 浮動小数点
branchType リモート レプリケーションの同期化ジョブにのみ返されます。有効な値は次のとおりです。
  • Snapshot
  • ボリューム
文字列
bytesPerSecond クローンが1秒間に処理するバイト数。typeメンバーがcloneまたはsliceに設定されている場合のみ表示されます。 浮動小数点
cloneID 実行中のクローン処理のID。typeメンバーがcloneに設定されている場合のみ表示されます。 整数
currentBytes クローンがソース ボリュームで処理したバイト数。typeメンバーがcloneまたはsliceに設定されている場合のみ表示されます。 整数
dstServiceID ボリュームのプライマリ レプリカをホストするサービスID。typeメンバーがremoteに設定されている場合のみ表示されます。 整数
dstVolumeID デスティネーション ボリュームのID。typeメンバーがcloneまたはremoteに設定されている場合のみ表示されます。 整数
elapsedTime 同期化ジョブが開始されてからの経過時間(秒)。 浮動小数点
groupCloneID 実行中のグループ クローン処理のID。 整数
nodeID クローンを生成するノードを指定します。typeメンバーがcloneに設定されている場合のみ表示されます。 整数
percentComplete 同期化ジョブが完了した割合。 整数
remainingTime 処理の完了までの推定残り時間(秒)。 整数
sliceID 同期化しているスライス ドライブのID。 整数
stage typeメンバーがremoteまたはcloneに設定されている場合のみ表示されます。有効な値は次のとおりです。
  • metadata:レプリケーションはリモート クラスタに転送する必要のあるデータを特定中です。レプリケーション プロセスのこの段階では、ステータスは報告されません。
  • data:レプリケーションはリモート クラスタにデータを一括で転送中です。
  • whole:スライス同期化ジョブのスライスの下位互換性を示します。
文字列
snapshotID クローン作成元のSnapshotのID。typeメンバーがcloneに設定されている場合のみ表示されます。 整数
srcServiceID ソース サービスID。 整数
srcVolumeID ソース ボリュームのID。 整数
totalBytes クローンの総バイト数。typeメンバーがcloneまたはsliceに設定されている場合のみ表示されます。 整数
type 同期処理のタイプ。有効な値は次のとおりです。
  • clone
  • slice
  • block
  • remote
文字列