QuiesceSnapMirrorRelationship

ElementソフトウェアWeb UIは、QuiesceSnapMirrorRelationship メソッドを使用して、SnapMirror関係の以降のデータ転送を無効にします。進行中の転送がある場合、転送が完了するまで関係のステータスは「quiescing」(休止)になります。現在の転送を中止した場合、転送は再開されません。関係のデータ転送を再び有効にするには、ResumeSnapMirrorRelationship APIメソッドを使用します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
snapMirrorEndpointID Elementストレージ クラスタと通信するリモートONTAPストレージ システムのエンドポイントID。 整数 なし 有効
destinationVolume SnapMirror関係のデスティネーション ボリューム。 snapMirrorVolumeinfo なし 有効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
snapMirrorRelationship 休止されたSnapMirror関係の情報を含むオブジェクト。 snapMirrorRelationship

新規導入バージョン

10.1