TestNetworkConfig

TestNetworkConfigメソッドを使用すると、指定したネットワーク設定がシステムで使用されているネットワーク設定と一致することを確認できます。

パラメータ

UIまたはTUIでSetNetworkConfigメソッドを使用してノードを設定すると、その設定は検証後に保存されます。TestNetworkConfig APIテストは、この保存された設定を検証後のロジックで使用します。たとえば、停電やネットワーク障害が発生した場合、このAPIメソッドを使用してノードが直近に保存されたネットワーク設定で稼働していることを確認できます。設定にエラーがないこと、および現在の設定が使用中であることが検証されます。

このテストの出力には問題だけが表示されます。エラーがない場合、出力は返されません。次の応答例を参照してください。

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
details 保存されている現在のネットワーク設定と稼働中のネットワーク設定を比較して見つかったエラーが含まれます。 JSONオブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "TestNetworkConfig",
   "params": {},
   "id" : 1
}

応答例1

エラーが検出されなかった場合、応答は返されません。

{
   "id" : 1,
   "result": {
   "details": {
   "network": {...}
  },
   "duration": "00:00:00.144514",
   "result": "Passed"
  }
}

応答例2

MTUが一致しない例。

{
  "id" : 1,
  "result":  
  {
	 "details" :  
	 {
		"error":  
		{
		   "message" : "Network configuration mismatch on Bond10G: Incorrect MTU expectedMTU=[1500]  actualMTU=[9600]", name: "xAssertionFailure"
		}
	 },
	 "duration": "0.125213sec",
	 "result": "Failed"
  }
}

応答例3

静的ルートが見つからない例。

{
  "id": 1,
  "result":  
  {
	 "details" :  
	 {
	 "error":  
		{
		"message" : "Network configuration mismatch on Bond1G: Routing table missing route=[192.168.137.2 via 192.168.159.254 dev Bond1G]", name: "xAssertionFailure"
		}
	 },
	 "duration" : "0.128547sec",
	 "result" : "Failed"
  }
}

新規導入バージョン

9.6