AddNodes

AddNodesメソッドを使用すると、1つ以上の新しいノードをクラスタに追加できます。

設定前のノードを初めて起動した場合、ノードを設定するように求められます。ノードを設定すると、「Pending状態のノード」としてクラスタに登録されます。Elementソフトウェアを実行しているストレージ クラスタは、ノードをクラスタ上のバージョンに自動で更新します。Pending状態のノードを追加した場合、メソッドの応答にはasyncHandle値が含まれます。この値を使用して、GetAsyncResultメソッドで自動更新プロセスのステータスを照会できます。

Fibre Channelノードを追加するプロセスは、ElementのiSCSIストレージ ノードをクラスタに追加するプロセスと同じです。Fibre Channelノードは、ノードIDを使用してシステムに登録されます。ノードは、アクセス可能になると「Pending状態のノード」になります。ListAllNodesメソッドは、iSCSIノードのPending状態のノードのIDと、クラスタに追加可能なFibre ChannelノードのPending状態のノードのIDを返します。

仮想ネットワーク用に設定したクラスタにノードを追加する場合は、新しいノードに仮想IPを割り当てるのに十分な数の仮想ストレージIPアドレスが必要です。新しいノードに使用できる仮想IPアドレスがない場合、AddNode処理は失敗します。ModifyVirtualNetworkメソッドを使用して、仮想ネットワークにストレージIPアドレスを追加します。

ノードを追加すると、ノード上のすべてのドライブを使用できるようになります。また、 AddDrivesメソッドを使用してドライブを追加し、クラスタのストレージ容量を増やすことができます。

注: 新しいノードをクラスタに追加してから、そのノードが起動してドライブが使用可能として登録されるまでには数秒かかる場合があります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
pendingNodes 追加するPending状態のノードのID。ListPendingNodesメソッドを使用してPending状態のノードのリストを取得できます。 整数の配列 なし 有効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
ノード 追加前の「pendingNodeID」を「nodeID」にマッピングするオブジェクトの配列。互換性のないソフトウェア バージョンを実行しているPending状態のノードを追加した場合、この配列にはasyncHandle値が含まれます。この値を使用して、GetAsyncResultメソッドで自動更新プロセスのステータスを照会できます。 JSONオブジェクトの配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "AddNodes",
   "params": {
     "pendingNodes"  : [1]
   },
   "id":1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  id: null,
  result: {
    autoInstall: true,
    nodes: [
      {
        activeNodeKey: "giAm2ep1hA",
        assignedNodeID: 6,
        asyncHandle: 3,
        cip: "10.10.5.106",
        mip: "192.168.133.106",
        pendingNodeID: 2,
        platformInfo: {
          chassisType: "R620",
          cpuModel: "Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 0 @ 2.50GHz",
          nodeMemoryGB: 72,
          nodeType: "SF3010"
        },
        sip: "10.10.5.106",
        softwareVersion: "9.0.0.1077"
      }
    ]
  }
}

新規導入バージョン

9.6