setlldpconfig を実行します

この方法SetLldpConfigを使用して、ストレージクラスタのリンク層検出プロトコル( LLDP )を設定できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
enableOtherProtocols CDP 、 FDP 、 EDP 、 SONMP など、他の検出プロトコルの自動使用を有効にします。 ブーリアン true 無効
enableMed メディアエンドポイント検出( lLLDP - MED )をイネーブルにします。 ブーリアン false 無効
enableLldp LLDP を有効または無効にします。 ブーリアン true 無効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
lldpconfig 新しく変更された設定を含む、現在のストレージクラスタの LLDP 設定に関する情報。 JSONオブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "id": 3920,
  「メソッド」:「 setlldpconfig 」、
    "params": {
        "lldpconfig" : {
            「有効化」:正しい
        }
    }
  }

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 3920,
  "result": {
    "lldpconfig" : {
        "EnableRDP" :真、
        「有効化」:真、
        "EnableOtherProtocols" : true
     }
  }
}