GetStorageContainerEfficiency

GetStorageContainerEfficiencyメソッドを使用すると、仮想ボリューム ストレージ コンテナの削減率に関する情報を取得できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
storageContainerID 削減率に関する情報を取得するストレージ コンテナのID。 整数 なし 有効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
圧縮 ストレージ コンテナ内のすべての仮想ボリュームの、データ圧縮によって削減された容量。値は比率で示され、「1」はデータが圧縮されずに格納されたことを意味します。 浮動小数点
重複排除 ストレージ コンテナ内のすべての仮想ボリュームの、データの重複排除によって削減された容量。比率として示されます。 浮動小数点
missingVolumes 削減率に関するデータを照会できなかった仮想ボリューム。原因としては、ガベージ コレクション(GC)サイクルから1時間経過していない、一時的なネットワーク接続の切断、またはGCサイクル後のサービスの再起動があります。 整数の配列
thinProvisioning 使用中の容量と、データの格納用に割り当てられた容量の比率。比率として示されます。 浮動小数点
タイムスタンプ GC後に効率性に関するデータが収集された最後の時刻。 ISO 8601形式の日付文字列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "GetStorageContainerEfficiency",
  "params": {
    "storageContainerID" : "6c95e24f-9f0b-4793-affb-5a4bc6c3d7e1"
  },
  "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "compression": 1,
    "deduplication": 1,
    "missingVolumes": [],
    "thinProvisioning": 1,
    "timestamp": "2016-04-12T15:39:49Z"
  }
}

新規導入バージョン

9.6