StartVolumePairing

StartVolumePairingメソッドを使用すると、ボリュームからエンコードされたキーを作成できます。このキーを使用して別のボリュームとペアリングできます。このメソッドで作成されるキーは、ボリューム ペアリングを確立するためにCompleteVolumePairingメソッドで使用されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
mode ペアリング プロセスを開始するボリュームのモード。ボリュームがソース ボリュームの場合のみ、モードを設定できます。有効な値は次のとおりです。
  • Async:ローカル クラスタへの書き込みが完了した時点で、ターゲット クラスタに書き込みがレプリケートされるのを待たずに、書き込み完了として通知されます。(modeパラメータを指定しない場合のデフォルト)
  • Sync:ソースのデータがローカル クラスタとリモート クラスタの両方に格納された時点で、書き込み完了として通知されます。
  • SnapshotsOnly:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
文字列 なし 無効
volumeID ペアリング プロセスを開始するボリュームのID。 整数 なし 有効

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
volumePairingKey CompleteVolumePairing APIメソッドで使用される文字列。 文字列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "StartVolumePairing",
   "params": {
         "mode": "Async",
	 "volumeID" : 14  
      },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id" : 1,
   "result" : {
      "volumePairingKey" : "7b226d766970223a223139322e3136382e3133392e313232222c22766f6c756d654944223a312c22766f6c756d654e616d65223a2254657374222c22766f6c756d655061697255554944223a2236393632346663622d323032652d343332352d613536392d656339633635356337623561227d"  
      }
}

新規導入バージョン

9.6