Snapshot

snapshotオブジェクトには、ボリューム用に作成したSnapshotの情報が含まれます。ListSnapshots APIメソッドを使用すると、1つまたはすべてのボリュームのSnapshot情報のリストを取得できます。このオブジェクトには、アクティブなSnapshotとボリューム用に作成した各Snapshotの情報が含まれます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。 JSONオブジェクト
checksum 保存されたSnapshotのデータを表す短い文字列。このチェックサムを使用して、あとで他のSnapshotと比較してデータ内のエラーを検出できます 文字列
createTime Snapshotの作成時刻(UTC+0形式)。 ISO 8601形式の日付文字列
enableRemoteReplication Snapshotのリモート レプリケーションが有効かどうかを示します。 ブーリアン
expirationReason Snapshotの有効期限がどのように設定されているかを示します。有効な値は次のとおりです。
  • Api:有効期限はAPIを使用して設定されています。
  • None:有効期限は設定されていません。
  • Test:有効期限はテスト用に設定されています。
文字列
expirationTime このSnapshotの有効期限が終了し、クラスタからパージされる時刻。 ISO 8601形式の日付文字列
groupID グループID(SnapshotがグループSnapshotのメンバーの場合)。 整数
groupsnapshotUUID グループ内の各Snapshotの情報。各メンバーには、SnapshotのUUIDに対するUUIDパラメータが指定されます。 文字列
instanceCreateTime ローカル クラスタでSnapshotが作成された時刻。 ISO 8601形式の日付文字列
instanceSnapshotUUID ローカル クラスタ上のSnapshotのUUID。このIDは他のクラスタにレプリケートされません。 文字列
name Snapshotに割り当てられた一意の名前。名前が指定されていない場合は、Snapshot作成時のタイムスタンプ(UTC+0形式)が名前になります。 文字列
remoteStatuses ソース クラスタから見た、ターゲット クラスタ上の各リモートSnapshotのユニバーサル識別子とレプリケーション ステータスを含む配列。 remoteClusterSnapshotStatusの配列
snapMirrorLabel SnapMirrorエンドポイントでのSnapshot保持ポリシーを指定するためにSnapMirrorソフトウェアで使用されるラベル。設定されていない場合、値はnullです。 文字列
snapshotID 既存のSnapshotの一意のID。 文字列
snapshotUUID 既存のSnapshotのUUID。このIDは、クラスタ間でSnapshotがレプリケートされるときに一緒にレプリケートされ、クラスタ間でSnapshotを識別するために使用されます。 文字列
ステータス Snapshotの現在のステータス。有効な値は次のとおりです。
  • Unknown:Snapshotのステータスを取得するときにエラーが発生しました。
  • Preparing:このSnapshotは使用準備中で、まだ書き込みができません。
  • RemoteSyncing:このSnapshotはリモート クラスタからレプリケート中です。
  • Done:このSnapshotは準備またはレプリケーションが完了しており、現在使用可能です。
  • Active:このSnapshotはアクティブ ブランチです。
  • Cloning:このSnapshotはCopyVolume処理に関連します。
文字列
totalSize Snapshotの合計サイズ(バイト)。 整数
virtualVolumeID このSnapshotに関連付けられた仮想ボリュームのID。 UUID
volumeID Snapshotの作成元のボリュームのID。 整数
volumeName Snapshotが作成された時点でのボリュームの名前。 文字列