クラスタ障害コード

ストレージ クラスタで管理者の注意が必要なエラーや状態が発生すると、クラスタ障害が生成されます。ListClusterFaultsメソッドを使用すると、ストレージ クラスタの解決済みおよび未解決の障害の最新のリストを取得できます。

NetApp Elementストレージ クラスタの障害の詳細と有効な解決策を次に示します。

AuthenticationServiceDefault
1 つ以上のクラスタノードの認証サービスが正常に機能していません。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
availableVirtualNetworkIPAddressesLow
IPアドレス ブロック内の仮想ネットワーク アドレスの数が不足しています。
この問題を解決するには、仮想ネットワーク アドレスのブロックにIPアドレスを追加してください。
blockClusterFull
単一ノードの損失をサポートするのに十分なブロック ストレージの空き容量がありません。GetClusterFullThresholdクラスタのフルネスレベルの詳細については、 API メソッドを参照してください。このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • ステージ 3 低(警告):ユーザ定義のしきい値を超えました。クラスタ全体の設定を調整するか、ノードを追加します。
  • ステージ 4 クリティカル(エラー): 1 ノードの障害から回復するのに十分なスペースがありません。ボリューム、スナップショット、クローンの作成は許可されていません。
  • ステージ 5 が完了(クリティカル) 1 。書き込みや新しい iSCSI 接続は許可されません。現在の iSCSI 接続は維持されます。クラスタに追加される容量が増えるまで、書き込みは失敗します。
この問題を解決するには、ボリュームをパージ(削除)するか、ストレージ クラスタにストレージ ノードをもう1つ追加してください。
ブロックがデグレードされました
障害が発生したため、ブロックデータは完全にレプリケートされなくなりました。
Severity 説明
Error 使用できるのは、ブロックデータ全体のコピーが 1 つだけです。
Critical ブロックデータの完全なコピーは使用できません。
この障害を解決するには、オフラインノードまたはブロックサービスをリストアするか、ネットアップのサポートにお問い合わせください。
blockServiceTooFull
ブロック サービスが大量の容量を使用しています。
この問題を解決するには、ボリュームをパージ(削除)するか、ストレージ クラスタにストレージ ノードをもう1つ追加してください。
clockSkewExceedsFaultThreshold
クラスタマスターとトークンを提示しているノード間の時間スキューが、推奨しきい値を超えています。
ストレージクラスタは、ノード間の時間のずれを自動的に修正できません。この問題を解決するには、インストール時のデフォルトではなく、使用するネットワーク内のNTPサーバを使用してください。すでに内部 NTP サーバを使用している場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
clusterCannotSync
クラスタブロックデータがデグレード状態にあり、ブロックデータの完全冗長性をリストアする自動修復プロセスを続行できません。ノードが多すぎるか、ブロックサービスがオフラインになっているか、クラスタブロックサービスがいっぱいになっています。
この障害を解決するには、ブロック容量を追加するか、ネットアップサポートにお問い合わせください。
clusterFull
ストレージ クラスタ内の空きストレージ スペースが不足しています。
この問題を解決するには、ストレージを追加してください。
clusterIOPSAreOverProvisioned
ストレージ クラスタのIOPSがオーバープロビジョニングされています。最小QoSのIOPSの合計が、クラスタの想定IOPSを上回っています。すべてのボリュームで同時に最小QoSを維持することができません。
この問題を解決するには、ボリュームの最小QoS IOPS設定を引き下げてください。
disableDriveSecurityFailed
保存データの暗号化機能を無効にすると、ドライブのセキュリティを無効にできません。ドライブのセキュリティは引き続き有効になっています。
ドライブのセキュリティを無効にできなかった理由が障害の詳細に表示されています。理由に基づいた問題の調査が必要になる場合があります。セキュリティを正常に無効にできないディスクをリカバリする必要がある場合は、次の手順を実行します。
  1. ドライブを「available」ステータスにして、論理的に削除します。
  2. ドライブで完全消去を実行します。
  3. ドライブを「active」ステータスにします。
上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、ドライブを交換してください。
disconnectedClusterPair
クラスタ ペアが切断されているか、正しく設定されていません。
クラスタのネットワーク接続を確認してください。
disconnectedRemoteNode
リモート ノードが切断されているか、正しく設定されていません。ノード間のネットワーク接続を確認します。
disconnectedSnapMirrorEndpoint
リモートSnapMirrorエンドポイントが切断されているか、正しく設定されていません。クラスタとリモートの SnapMirrorEndpoint 間のネットワーク接続を確認します。
driveAvailable
ストレージ クラスタ内に追加可能なドライブがあります。通常は、すべてのストレージ クラスタにすべてのドライブが追加されており、利用可能な状態のドライブはありません。この問題が予期せずに発生する場合は、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
この問題を解決するには、利用可能なドライブをすべてストレージ クラスタに追加してください。
driveFailed
1 つ以上のドライブに障害が発生すると、クラスタはこの障害を返します。これは、次のいずれかの状態を示します。
  • ドライブマネージャがドライブにアクセスできません。
  • スライスまたはブロックサービスが何度も失敗しました。ドライブの読み取りまたは書き込みに失敗した可能性があり、再起動できません。
  • ドライブがありません。
  • ノードのマスターサービスにアクセスできません(ノード内のすべてのドライブに障害が発生していると見なされます)。
  • ドライブがロックされており、ドライブの認証キーを取得できません。
  • ドライブがロックされ、アンロック操作が失敗する。
この問題を解決するには:
  • ノードのネットワーク接続を確認します。
  • ドライブを交換します。
  • 認証キーが使用可能であることを確認します。
driveWearFault
ドライブの残量がしきい値を下回っていますが、まだ機能しています。この障害には 2 つの重大度レベルがあります。重大度と警告:
  • シリアル付きドライブ:スロットに <serial number> : <node slot> <drive slot> には重大な摩耗レベルがあります。
  • シリアル付きドライブ:スロット: <node slot> <drive slot> には、消耗品の少ない予約があります。
この問題を解決するには、ドライブをすぐに交換してください。
duplicateClusterMasterCandidates
ストレージ クラスタ マスターの候補が複数あります。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
enableDriveSecurityFailed
保存データの暗号化機能を有効にすると、ドライブのセキュリティを有効にできません。
セキュリティを有効にするための正しいキーが使用されていることを確認します。セキュリティを正常に有効にできないディスクをリカバリする必要がある場合は、次の手順を実行します。
  1. ドライブを「available」ステータスにして、論理的に削除します。
  2. ドライブで完全消去を実行します。
  3. ドライブを「active」ステータスにします。
上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、ドライブを交換してください。
ensembleDegraded
いずれかのアンサンブル ノードでネットワーク接続または電源が失われています。
この問題を解決するには、該当するノードのネットワーク接続または電源を復旧してください。
exception
通常とは異なる障害が発生しました。この障害は障害キューから自動的に消去されません。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
failedSpaceTooFull
ブロック サービスがデータ書き込み要求に応答していません。スライス サービスが失敗した書き込みを格納するための容量が足りなくなります。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
fanSensor
ファン センサーで障害が発生しているか、ファン センサーが見つかりません。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
fibreChannelAccessDegraded
Fibre Channelノードが自身のストレージIPアドレスでストレージ クラスタ内の他のノードに応答していません。
クラスタのネットワーク接続を確認してください。
fibreChannelAccessUnavailable
すべてのFibre Channelノードが応答していません。ノードIDが表示されます。
クラスタのネットワーク接続を確認してください。
FibreChannelActiveXL
IXL Nexus の数は、ファイバチャネルノードごとにサポートされるアクティブセッション数の上限である 8000 に近づいています。
  • ベストプラクティスの制限は 5500 です。
  • 警告制限は 7500 です。
  • 最大制限(非強制)は 8192 です。
この障害を解決するには、ベストプラクティスの制限である 5500 を下回る IXL Nexus の数を減らします。
fibreChannelConfig
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • PCIスロットに想定外のFibre Channelポートが接続されています。
  • 想定外のFibre Channel HBAモデルが使用されています。
  • Fibre Channel HBAのファームウェアに問題があります。
  • Fibre Channelポートがオンラインではありません。
  • Fibre Channelパススルーの設定中に永続的な問題が発生しました。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
FibreChannelStaticiXL
IXL Nexus の数は、ファイバチャネルノードごとにサポートされる静的セッション数の上限である 16000 に近づいています。
  • ベストプラクティスの制限は 11000 です。
  • 警告制限は 15000 です。
  • 最大制限(強制)は 16384 です。
この障害を解決するには、 iXL Nexus の数をベストプラクティスの上限である 11000 以下に減らしてください。
fileSystemCapacityLow
いずれかのファイルシステムでスペースが不足しています。
この問題を解決するには、ファイルシステムに容量を追加してください。
fipsDrivesMismatch
FIPS対応ストレージ ノードにFIPS非対応ドライブが挿入されているか、FIPS非対応ストレージ ノードにFIPS対応ドライブが挿入されています。
該当するドライブを取り外すか交換してください。
fipsDrivesOutOfCompliance
保存データの暗号化が無効になっているか、ストレージ クラスタにFIPS非対応のハードウェアが含まれていることが検出されました。
保存データの暗号化を有効にするか、FIPS非対応のハードウェアをストレージ クラスタから取り外してください。
fipsSelfTestFailure
FIPSのセルフ テストで障害が検出されました。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
hardwareConfigMismatch
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • 構成がノードの定義と一致しません。
  • このタイプのノードに対して正しくないドライブ サイズが使用されています。
  • ノードでサポート対象外のドライブが使用されています。
  • ドライブ ファームウェアが一致しません。
  • ドライブの暗号化対応が親ノードと一致しません。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
IDPcertificateExpiration :有効期限
サードパーティ ID プロバイダで使用するクラスタのサービスプロバイダ SSL 証明書が期限切れに近づいているか、すでに期限切れになっています。この問題では、緊急性に基づいて次の重大度が使用されます。
Severity 説明
Warning 証明書は30日以内に期限切れになります。
Error 証明書は7日以内に期限切れになります。
Critical 証明書は 3 日以内に期限切れになるか、すでに期限切れになっています。
この問題を解決するには、 SSL 証明書の有効期限が切れる前に更新します。UpdateIdpConfiguration更新された SSL 証明書を提供するには、 refreshCertificateExpirationTime = true のメソッドを使用します。
inconsistentBondModes
VLANデバイスのボンディング モードが見つかりません。想定されるボンディング モードと使用中のボンディング モードが表示されます。
この問題を解決するには、ノードWeb UIでボンディング モードを変更してください。
inconsistentInterfaceConfiguration
インターフェイスの設定が一貫していません。
この問題を解決するには、ストレージ クラスタ内のすべてのノード インターフェイスの設定を同じにしてください。
inconsistentMtus
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • Bond1Gの不一致:Bond1Gインターフェイス間で異なるMTUが設定されています。
  • Bond10Gの不一致:Bond10Gインターフェイス間で異なるMTUが設定されています。
該当するノードと設定されているMTU値が表示されます。
この問題を解決するには、ノードWeb UIでMTU設定を変更してください。
inconsistentRoutingRules
このインターフェイスのルーティング ルールが一貫していません。
inconsistentSubnetMasks
VLANデバイスのネットワーク マスクが、内部的に記録されたVLANのネットワーク マスクと一致しません。想定されるネットワーク マスクと使用中のネットワーク マスクが表示されます。
この問題を解決するには、Element(ストレージ クラスタ)Web UIでサブネット マスクを変更してください。
incorrectBondPortCount
ボンド ポートの数が正しくありません。
invalidConfiguredFibreChannelNodeCount
想定される2つのFibre Channelノード接続のいずれかがデグレード状態です。この問題は、Fibre Channelノードが1つしか接続されていない場合に発生します。
この問題を解決するには、クラスタのネットワークの接続状態とケーブル配線を確認するとともに、停止しているサービスがないか確認してください。ネットワークやサービスに問題がない場合は、ネットアップ サポートに連絡してFibre Channelノードを交換してください。
irqBalanceFailed
割り込み処理の負荷分散中に例外が発生しました。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
kmipCertificateFault(ルート認証局[CA]証明書の有効期限が近づいています)
ルート認証局(CA)証明書の有効期限が近づいています。この問題では、緊急性に基づいて次の重大度が使用されます。
Severity 説明
Warning 証明書は30日以内に期限切れになります。
Error 証明書は7日以内に期限切れになります。
Critical 証明書は3日以内に期限切れになります。
この問題を解決するには、有効期限が切れる前に証明書を更新してください。ルートCAから、有効期限が30日以上ある新しい証明書を取得します。ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して、更新されたルートCA証明書を指定します。
kmipCertificateFault(クライアント証明書の有効期限が近づいています)
クライアント証明書の有効期限が近づいています。この問題では、緊急性に基づいて次の重大度が使用されます。
Severity 説明
Warning 証明書は30日以内に期限切れになります。
Error 証明書は7日以内に期限切れになります。
Critical 証明書は3日以内に期限切れになります。
この問題を解決するには、GetClientCertificateSigningRequestメソッドを使用して新しいCSRを作成してください。30日以上の有効期限を持つCSRに署名を受けてから、ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して、期限切れになるKMIPクライアント証明書を新しい証明書に置き換えます。
kmipCertificateFault(ルート認証局[CA]証明書の有効期限が切れています)
ルートCA証明書の有効期限が切れています。
ルートCAから、有効期限が30日以上ある新しい証明書を取得します。ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して、更新されたルートCA証明書を指定します。
kmipCertificateFault(クライアント証明書の有効期限が切れています)
クライアント証明書の有効期限が切れています。
GetClientCertificateSigningRequest APIメソッドを使用して新しいCSRを作成し、新しい有効期限が30日後以降になるように署名を受けます。ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して、期限切れのクライアント証明書を新しい証明書に置き換えます。
kmipCertificateFault(ルート認証局[CA]証明書が無効です)
ルートCA証明書が無効です。
正しい証明書が指定されていることを確認してください。必要に応じて、ルートCAから証明書を再取得します。ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して、正しい証明書をインストールします。
kmipCertificateFault(クライアント証明書が無効です)
クライアント証明書が無効です。
正しいKMIPクライアント証明書がインストールされていることを確認してください。クライアント証明書のルートCAが外部キー管理サーバにインストールされている必要があります。クライアント証明書を更新する必要がある場合は、ModifyKeyServerKmip APIメソッドを使用して更新します。
kmipServerFault(接続障害)
1つ以上のノードが外部キー管理サーバにアクセスできません。
キー サーバIDは、障害の詳細に記載されています。サーバが機能しており、管理ネットワーク経由でアクセスできることを確認します。一部のノードのみが外部キー管理サーバにアクセスできない場合は、障害の詳細にキー サーバにアクセスできないノードが表示されます。ネットワークまたは特定のノード レベルでトラブルシューティングを行い、一部のノードのみが外部キー管理サーバにアクセスできる理由を特定します。
kmipServerFault(認証エラー)
1つ以上のノードを外部キー管理サーバで認証できません。
正しいルートCAおよびKMIPクライアント証明書が使用されていることを確認します。いずれかの証明書を更新する必要がある場合は、ModifyKeyServerKmipメソッドを使用して正しい証明書をインストールします。
kmipServerFault(サーバ エラー)
外部キー管理サーバでエラーが発生しました。
エラーの詳細は、障害の詳細に記載されています。エラーに基づいて、外部キー管理サーバのトラブルシューティングが必要になる場合があります。
MemoryEccThreshold
修正可能な ECC エラーまたは修正不可能な ECC エラーが多数検出されました。重大度が Error の場合、 DIMM の障害が原因である可能性があります。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
memoryUsageThreshold
メモリ使用量が正常値を上回っています。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
metadataClusterFull
1 つのノードの損失をサポートするための十分な空きメタデータストレージスペースがありません。GetClusterFullThresholdクラスタのフルネスレベルの詳細については、 API メソッドを参照してください。このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • ステージ 3 低(警告):ユーザ定義のしきい値を超えました。クラスタ全体の設定を調整するか、ノードを追加します。
  • ステージ 4 クリティカル(エラー): 1 ノードの障害から回復するのに十分なスペースがありません。ボリューム、スナップショット、クローンの作成は許可されていません。
  • ステージ 5 が完了(クリティカル) 1 。書き込みや新しい iSCSI 接続は許可されません。現在の iSCSI 接続は維持されます。クラスタに追加される容量が増えるまで、書き込みは失敗します。データを消去または削除するか、ノードを追加します。
詳細については、「クラスタのフルレベルについて」を参照してください。
この問題を解決するには、ボリュームをパージ(削除)するか、ストレージ クラスタにストレージ ノードをもう1つ追加してください。
mtuCheckFailure
ネットワーク デバイスに適切なMTUサイズが設定されていません。
この問題を解決するには、すべてのネットワーク インターフェイスとスイッチ ポートでジャンボ フレームが設定されている(MTUが最大9,000バイト)ことを確認してください。
networkConfig
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • 想定されるネットワーク インターフェイスが存在しません。
  • ネットワーク インターフェイスが重複しています。
  • ネットワーク インターフェイスは設定されていますが停止しています。
  • ネットワーク インターフェイスの再起動が必要です。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
noAvailableVirtualNetworkIPAddresses
IPアドレスのブロックに利用可能な仮想ネットワーク アドレスがありません。ストレージ クラスタにこれ以上ストレージ ノードを追加できません。
この問題を解決するには、仮想ネットワーク アドレスのブロックにIPアドレスを追加してください。
NodeHardwareFault (ネットワークインターフェイス <name> がダウンしているか、ケーブルが接続されていません)
ネットワークインターフェイスがダウンしているか、ケーブルが外れています。
この障害を解決するには、ノードのネットワーク接続を確認します。
nodeHardwareFault (ドライブ暗号化対応状態が不一致ノードの暗号化対応状態がスロット < ノードスロット >< ドライブスロット > のドライブ)
ドライブは、そのドライブがインストールされているストレージノードと暗号化機能が一致しません。
nodeHardwareFault (このノードタイプのスロット < ノードスロット >< ドライブスロット > にあるドライブの < ドライブタイプ > ドライブサイズ < 実際のサイズ > が正しくありません。 <expected size> )
ストレージノードに、このノードのサイズが正しくないドライブが含まれています。
NodeHardwareFault (サポートされていないドライブがスロット < ノードスロット >< ドライブスロット > で検出されました。ドライブの統計情報とヘルス情報は使用できません)
ストレージノードにサポートされていないドライブが含まれている。
NodeHardwareFault (スロット < ノードスロット > のドライブはファームウェアバージョン < 予想されるバージョン > を使用する必要がありますが、サポートされていないバージョン < 実際のバージョン > を使用しています)
ストレージノードに、サポートされていないファームウェアバージョンを実行しているドライブが含まれています。
nodeOffline
Elementソフトウェアが指定されたノードと通信できません。
この問題を解決するには、クラスタのネットワークの接続状態とケーブル配線を確認してください。ネットワークに問題がない場合は、ネットアップ サポートに連絡してノードを交換してください。
notUsingLACPBondMode
LACPボンディング モードが設定されていません。
この問題を解決するには、ストレージ ノードの導入時にLACPボンディングを使用してください。LACPを有効にして正しく設定していないと、クライアントでパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
ntpServerUnreachable
ストレージ クラスタが指定されたNTPサーバと通信できません。
この問題を解決するには、NTPサーバの設定、ネットワーク、およびファイアウォールを確認してください。
ntpTimeNotInSync
ストレージ クラスタと指定されたNTPサーバで時刻に大きな差があります。ストレージ クラスタはこの時間差を自動的に修正できません。
この問題を解決するには、インストール時のデフォルトではなく、使用するネットワーク内のNTPサーバを使用してください。内部のNTPサーバを使用しても問題が解決しない場合は、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
nvramDeviceStatus
NVRAMデバイスにエラーがあるか、障害が発生しようとしているか、または障害が発生しました。この障害には次の重大度があります。
Severity 説明
Warning ハードウェアによって警告が検出されました。この状態は、温度警告などの一時的な状態である可能性があります。
Error エラーまたは重大なステータスがハードウェアで検出されました。クラスタマスターは、操作からスライスドライブを削除しようとします(これにより、ドライブ削除イベントが生成されます)。セカンダリスライスサービスを使用できない場合、ドライブは削除されません。
Critical エラーまたは重大なステータスがハードウェアで検出されました。クラスタマスターは、操作からスライスドライブを削除しようとします(これにより、ドライブ削除イベントが生成されます)。セカンダリスライスサービスを使用できない場合、ドライブは削除されません。
障害が発生したノードのハードウェアを交換します。それでも問題が解決しない場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
powerSupplyError
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • 電源装置がありません。
  • 電源装置で障害が発生しました。
  • 電源装置の入力が見つからないか、範囲外です。
冗長な電源がすべてのノードに供給されていることを確認してください。問題が解決しない場合は、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
provisionedSpaceTooFull
ストレージ クラスタのプロビジョニング済み容量がいっぱいです。
この問題を解決するには、プロビジョニング済みスペースを追加するか、またはボリュームかSnapshotを削除およびパージしてください。
remoteRepAsyncDelayExceeded
レプリケーションに設定されている非同期遅延を超えました。
remoteRepClusterFull
ターゲット ストレージ クラスタがいっぱいのため、ボリュームがリモート レプリケーションを停止しました。
この問題を解決するには、ターゲット ストレージ クラスタのスペースを解放してください。
remoteRepSnapshotClusterFull
ターゲット ストレージ クラスタがいっぱいのため、ボリュームがSnapshotのリモート レプリケーションを停止しました。
この問題を解決するには、ターゲット ストレージ クラスタのスペースを解放してください。
remoteRepSnapshotsExceededLimit
ターゲット ストレージ クラスタのボリュームがSnapshotの最大数を超えたため、ボリュームがSnapshotのリモート レプリケーションを停止しました。
この問題を解決するには、リモート クラスタ上のSnapshotをいくつか削除してください。
scheduleActionError
スケジュールされたアクティビティが実行されましたが、失敗しました。
スケジュールされたアクティビティが再び実行されて成功するか、アクティビティが削除されるか、または停止後に再開されれば、障害はクリアされます。
sensorReadingFailed
ベースボード管理コントローラ(BMC)のセルフテストが失敗したか、センサーがBMCと通信できませんでした。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
serviceNotRunning
要求されたサービスが実行されていません。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
sliceServiceTooFull
スライス サービスに割り当てられたプロビジョニング済み容量が少なすぎます。
この問題を解決するには、ストレージ ノードを追加するか、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
sliceServiceUnhealthy
スライス サービスが正常な状態でないことをシステムが検出し、サービスを自動的に停止しています。
  • 重大度 = 警告:アクションは実行されません。この警告期間は 6 分で終了します。
  • 重大度 = エラー:システムはデータを自動的に廃棄し、他の正常なドライブにデータを再レプリケートしています。
ネットワーク接続の問題とハードウェアエラーを確認します。特定のハードウェアコンポーネントに障害が発生した場合は、他の障害が発生します。この障害は、スライスサービスがアクセス可能になったとき、またはサービスが廃棄されたときにクリアされます。
sshEnabled
ストレージ クラスタ内の1つ以上のノードでSSHサービスが有効になっています。
この問題を解決するには、ノードのSSHサービスを無効にしてください。
sslCertificateExpiration
このノードに関連付けられている SSL 証明書の有効期限が近づいているか、有効期限が切れています。この問題では、緊急性に基づいて次の重大度が使用されます。
Severity 説明
Warning 証明書は30日以内に期限切れになります。
Error 証明書は7日以内に期限切れになります。
Critical 証明書は 3 日以内に期限切れになるか、すでに期限切れになっています。
この問題を解決するには、SSL証明書を更新してください。必要であれば、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
strandedCapacity
1 つのノードがストレージクラスタの容量の半分以上を占めている。
データの冗長性を維持するために、システムは最大ノードの容量を削減し、ブロック容量の一部を使用しないようにします(使用しません)。この障害を解決するには、既存のストレージノードにドライブを追加するか、クラスタにストレージノードを追加します。
tempSensor
温度センサーが正常よりも高い温度を報告しています。この問題は、powerSupplyErrorまたはfanSensorとともに発生する可能性があります。
ストレージ クラスタの近くに通気を妨げる障害物がないかどうかを確認してください。必要であれば、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
アップグレード
アップグレードが24時間以上実行中です。
この問題を解決するには、アップグレードを再開するか、ネットアップ サポートにお問い合わせください。
unbalancedMixedNodes
1つのノードがストレージ クラスタの容量の1/3以上を使用しています。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
unresponsiveService
システム サービスが応答しなくなりました。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
virtualNetworkConfig
このクラスタ障害は、次のいずれかの状態を示します。
  • インターフェイスがありません。
  • インターフェイス上のネームスペースが正しくありません。
  • ネットワーク マスクが正しくありません。
  • IPアドレスが正しくありません。
  • インターフェイスが稼働していません。
  • ノード上に不要なインターフェイスがあります。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。
volumesDegraded
セカンダリ ボリュームのレプリケートと同期が終了していません。
この問題は、同期が完了すると解消されます。
問題が解消されない場合は、ネットワーク接続の問題やハードウェア エラーが発生していないか確認してください。
volumesOffline
ストレージ クラスタ内の1つ以上のボリュームがオフラインです。
ネットアップ サポートにお問い合わせください。