クラスタへのストレージノードの追加

クラスタにノードを追加したり、既存のノードに新しいドライブを設置すると、ドライブが自動的に使用可能ドライブとして登録されます。クラスタに参加するにElementは、エレメント UI または API を使用してドライブをクラスタに追加する必要があります。

タスク概要

クラスタ内の各ノードは、互換性のあるソフトウェア バージョンを実行している必要があります。クラスタにノードを追加すると、必要に応じて新しいノードにElementソフトウェアのクラスタ バージョンがインストールされます。

手順

  1. Cluster > Nodesの順に選択します。
  2. Pendingクリックすると、保留中のノードのリストが表示されます。
  3. 次のいずれかを実行します。
    • Actions々のノードを追加するには、追加するノードのアイコンをクリックします。
    • 複数のノードBulk Actionsを追加するには、追加するノードのチェックボックスをオンにしてから、
    注: 追加するノードのElementソフトウェアのバージョンがクラスタで実行されているバージョンと異なる場合は、クラスタ マスターで実行されているElementソフトウェアのバージョンに非同期的に更新されます。更新されたノードは、自動的にクラスタに追加されます。この非同期プロセスの実行中、ノードの状態はpendingActiveになります。
  4. Addをクリックします。
    ノードがアクティブなノードのリストに表示されます。
  5. Element UI からCluster > Drivesを選択します。
  6. クリックAvailableすると、使用可能なドライブのリストが表示されます。
  7. 次のいずれかを実行します。
    • ActionsAdd々のドライブを追加するには、追加するドライブのアイコンをクリックし、をクリックします。
    • 複数のドライブを追加するBulk ActionsAddには、追加するドライブのチェックボックスをオンにし、をクリックして、をクリックします。