ネットアップ Element VASA Providerの登録

vCenterでクラスタのVVol機能が認識されるように、ネットアップ Element VASA ProviderをvCenterに登録する必要があります。vCenterへのVASA Providerの登録は1度だけ実行します。

開始する前に

タスク概要

ここでは、vSphere 6.7の場合の手順を説明しています。インストールされているvSphereのバージョンによっては、vSphereのユーザ インターフェイスが多少異なる場合があります。詳細については、VMware vCenterのドキュメントを参照してください。
注意: ネットアップ Element VASA Providerを複数のvCenterインスタンスに登録しないでください。vCenterでのSSLの処理に制約があるため、ネットアップ Element VASA Providerは1つのvCenterにしか登録できません。1つのvCenterに複数のネットアップ Elementクラスタを作成できますが、2つのvCenterインスタンス間でクラスタを共有することはできません。
注: VASA Provider を vCenter にすでに登録している場合は、複数の vCenter 向けの VASA サポートをアップグレードパッチとして利用できます。 インストールするにhttps://mysupport.netapp.com/products/element_software/VASA39/index.htmlネットアップElementは、 VASA 39 マニフェストの指示に従って、 NetApp ソフトウェアダウンロードサイトから .tar.gz ファイルをダウンロードします。 NetApp Element VASA Provider は、 NetApp 証明書を使用します。 このパッチでは、 VASA および VVol で使用する複数の vCenter をサポートするために、証明書は vCenter によって変更されずに使用されます。 証明書は変更しないでください。 カスタム SSL 証明書は VASA ではサポートされていません。

手順

  1. vSphere Client でHomeHosts and Clusters、をクリックします。
  2. ネットアップElement VASA Provider を登録する vCenter インスタンスを選択します。
  3. Configure > Storage Providersをクリックします。
  4. からStorage Providers、 [Add] アイコンをクリックします。
    New Storage Providerダイアログボックスが表示されます。
  5. 次の情報を入力します。
    • VASA Providerの名前。
    • VASA ProviderのURL。
      注: VASA ProviderのURLは、vCenter Plug-inでVVolを有効にすると提供されます。URL は次の場所にもあります。
      • vCenter プラグイン:を選択NetApp Element Configuration > ClustersActionsDetailsし、有効にするクラスタのをクリックして、をクリックします。
      • Element UI: Fromhttps://MVIP/cluster 、 SelectCluster > Settings の順に選択します。
    • ネットアップ Elementクラスタの管理用アカウントのユーザ名。
    • ネットアップ Elementクラスタの管理用アカウントのパスワード。
    • OKVASA プロバイダを追加する場合にクリックします。
  6. プロンプトが表示されたら、SSLのサムプリントを承認します。
    これでネットアップ Element VASA Providerが登録され、ステータスがConnectedになります。
    注: プロバイダの初回登録後にプロバイダの最新のステータスを表示するには、ストレージ プロバイダを更新します。でプロバイダーが有効NetApp Element Configuration > Clustersになっていることを確認することもできます。Actions有効にするクラスタのをクリックしDetails、をクリックします。