vCenterリンク モード

ネットアップ Element Plug-in for vCenter Serverでは、vCenterリンク モードを使用して他のvCenter Serverのクラスタ リソースを管理することができます。リンク モード グループに属するいずれかのvCenter Serverにログインし、リンクされた他のvCenter Serverが所有するリソースを同じ画面から管理できます。

プラグインを使用するリンク モード環境内の各vCenter Serverにプラグインを登録する必要があります。プラグインの登録ユーティリティを使用して、各vCenter Serverへの登録を完了してください。さらに、リンクされたそれぞれのvCenter ServerのvSphere Web Clientに一度ログインする必要があります。ログインすると、Web Clientにプラグインがインストールされます。

ベストプラクティス: Add Cluster構成プロセス中にクラスタに関連付けた vCenter Server からクラスタを管理します。

Elementソフトウェアベースのストレージを使用するホストは特定のvCenter Server専用であり、リンク モード グループのメンバー間では共有されません。そのため、クラスタのストレージ管理タスクはvCenter Server内で使用可能なホストに限定されます。

注: プラグインはネットワーク上のエレメントベースのストレージクラスタを管理できますが、 vCenter Server のリモートインスタンス上のデータストアを管理することはできません。vCenter Server と vCenter 用の Element プラグインは、リモートの vCenter Server のデータストアを認識できません。このような場合、 vCenter 用の Element プラグインは、ボリュームに VMFS ( Virtual Machine File System )データストアがあるかどうかを認識できず、ボリュームを削除できません。リモート vCenter Server でデータストアとボリュームを管理する場合は、注意が必要です。