SnapMirror関係の作成

SnapMirror関係は、NetApp Element UIで作成する必要があります。

開始する前に

ボリュームでSnapMirrorを有効にしておきます。
注: ボリュームでSnapMirrorが有効になっていない状態でElement UIから関係の作成を選択すると、そのボリュームで自動的にSnapMirrorが有効になります。

手順

  1. [Management] > [Volumes]の順にクリックします。
  2. 関係に含めるボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. [Create a SnapMirror Relationship]をクリックします。
  4. [Create a SnapMirror Relationship]ダイアログ ボックスで、[Endpoint]リストからエンドポイントを選択します。
  5. 新しいONTAPボリュームと既存のONTAPボリュームのどちらを使用して関係を作成するかを選択します。
  6. Element UIで新しいONTAPボリュームを作成する場合は、[Create new volume]をクリックします。
    1. この関係に対し[Storage Virtual Machine]を選択します。
    2. ドロップダウン リストから[Aggregate]を選択します。
    3. [Volume Name Suffix]フィールドにサフィックスを入力します。
      注: システムによってソース ボリューム名が検出され、[Volume Name]フィールドにコピーされます。入力したサフィックスは、この名前に付加されます。
    4. [Create Destination Volume]をクリックします。
  7. 既存のONTAPボリュームを使用する場合は、[Use existing volume]をクリックします。
    1. この関係に対し[Storage Virtual Machine]を選択します。
    2. この新しい関係のデスティネーションとなるボリュームを選択します。
  8. [Relationship Details]セクションで、ポリシーを選択します。選択したポリシーにkeepルールがある場合は、[Rules]テーブルにそのルールおよび関連付けられたラベルが表示されます。
  9. オプション: スケジュールを選択します
    これにより、関係でコピーが作成される頻度が決まります。
  10. オプション: [Limit Bandwidth to]フィールドに、この関係に関連付けられるデータ転送が消費できる最大帯域幅を入力します。
  11. この時点で初期化が実行されないよう、[Initialize]チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
    注: 初期化には時間がかかる場合があります。ピーク時以外の時間帯に実行することを推奨します。初期化ではベースライン転送が実行されます。つまり、ソース ボリュームのSnapshotコピーが作成され、そのコピーとコピーが参照するすべてのデータ ブロックがデスティネーション ボリュームに転送されます。初期化は手動で実行できるほか、スケジュールに従って初期化プロセス(および後続の更新)が開始されるようにすることもできます。
  12. [Create Relationship]をクリックします。
  13. [Data Protection] > [SnapMirror Relationships]の順にクリックして、新しいSnapMirror関係を表示します。