SolidFireソフトウェアのインターフェイス

NetApp Elementソフトウェアのインターフェイスと統合ユーティリティを使用して、SolidFireストレージ システムを管理できます。

NetApp Elementソフトウェア ユーザ インターフェイス
SolidFireストレージをセットアップし、クラスタの容量とパフォーマンスを監視できるほか、マルチテナント インフラ全体のストレージ アクティビティを管理できます。Element は SolidFire クラスタの中心にあるストレージオペレーティングシステムです。 Element ソフトウェアは、クラスタ内のすべてのノードで個別に実行され、クラスタのノードがリソースを結合して、外部クライアントに単一のストレージシステムとして提供できるようにします。 Element Software は、システム全体のすべてのクラスタ調整、拡張、および管理を担当します。 ソフトウェアのインターフェイスは、Element APIを基盤としています。
NetApp Element Plug-in for vCenter Server

Elementソフトウェアを実行しているストレージ クラスタを設定および管理できます。このプラグインは、VMware vSphereでElement UIの代わりとなるインターフェイスを提供します。

NetApp ElementソフトウェアAPI
一連のオブジェクト、メソッド、ルーチンを使用してSolidFireストレージを管理できます。Element APIは、HTTPS経由のJSON-RPCプロトコルに基づいています。[API Log]を有効にして、Element UIのAPI処理を監視できます。これにより、システムで実行されているメソッドを表示できます。要求と応答の両方を有効にすると、実行したメソッドに対するシステムの応答を確認できます。
管理ノード UI

管理ノードには、 REST ベースのサービスを管理するための UI と、ネットワークとクラスタの設定を管理するためのノード単位の UI 、およびオペレーティングシステムのテストとユーティリティの 2 つの UI があります。REST API UIからは、管理ノード上の管理サービスを制御するサービス関連APIのメニューにアクセスできます。

その他の統合ユーティリティ / ツール

通常はNetApp Element、NetApp Element API、およびNetApp Element Plug-in for vCenter Serverを使用してストレージを管理しますが、その他のユーティリティやツールを使用することもできます。