SolidFireオールフラッシュ ストレージに対するActive IQコレクタ サービスの有効化

インストールまたはアップグレード時にSolidFireオールフラッシュ ストレージに対してストレージのテレメトリ(Active IQコレクタ サービス)を有効にしていない場合、有効にすることができます。AIQコレクタ サービスは、履歴データのレポートおよびほぼリアルタイムのパフォーマンス監視用に、設定データとElementソフトウェアベースのクラスタ パフォーマンス データをNetApp SolidFire Active IQに転送します。

開始する前に

手順

  1. 管理ノードで REST API UI を開きます。 https://[management node IP]/mnode
  2. Authorizeをクリックするか、ロックアイコンをクリックして、次の手順を実行します。
    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。
    2. mnode-clientの値がまだ入力されていない場合は、クライアントIDを入力します。
    3. Authorizeクリックするとセッションが開始されます。
  3. GET /assetsをクリックします。
  4. ベース アセットの"id"の値をクリップボードにコピーします。
    注: ベース アセットとサブアセットは、管理ノードのインストールまたはアップグレード時にアップグレード スクリプトまたはセットアップ スクリプトを実行したときに作成されています。
  5. ベース アセットを設定します。
    1. PUT /assets/{asset_id}をクリックします。
    2. Try it outをクリックします。
    3. JSONペイロードに次のコマンドを入力します。
      {
          "telemetry_active": true
          "config": {}
      }
    4. の Base Asset ステップから IDasset_ID を入力します。
    5. Executeをクリックします。

      Active IQサービスはアセットが変更されるたびに自動的に再起動されます。アセットを変更すると、設定が適用されるまで短時間の遅延が発生します。