ボリュームIDを使用したボリュームのペアリング

リモート クラスタのクラスタ管理者のクレデンシャルがあれば、ボリュームをリモート クラスタの別のボリュームとペアリングできます。

開始する前に

手順

  1. [Management] > [Volumes]の順に選択します。
  2. ペアリングするボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. [Pair]をクリックします。
  4. [Pair Volume]ダイアログ ボックスで、[Start Pairing]を選択します。
  5. リモート クラスタにアクセスできるので、[I Do]を選択します。
  6. [Replication Mode]をリストから選択します。
    • Real-time (Asynchronous):書き込みはソース クラスタでコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Real-time (Synchronous):書き込みはソース クラスタとターゲット クラスタの両方でコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Snapshots Only:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
  7. リモート クラスタをリストから選択します。
  8. リモート ボリュームのIDを選択します。
  9. [Start Pairing]をクリックします。

    Webブラウザのタブが開き、リモート クラスタのElement UIに接続します。クラスタ管理者のクレデンシャルを使用してリモート クラスタにログオンするよう要求される場合があります。

  10. リモート クラスタのElement UIで、[Complete Pairing]を選択します。
  11. [Confirm Volume Pairing]で詳細を確認します。
  12. [Complete Pairing]をクリックします。

    ペアリング操作を確定すると、2つのクラスタでペアリング対象のボリュームを接続するプロセスが開始されます。ペアリング プロセス中は、[Volume Pairs]ウィンドウの[Volume Status]列にメッセージが表示されます。ボリューム ペアのソースとターゲットが割り当てられるまでは、次のメッセージが表示されます。PausedMisconfigured