ペアリング キーを使用したボリュームのペアリング

リモート クラスタのクラスタ管理者のクレデンシャルがない場合は、ペアリング キーを使用してボリュームをリモート クラスタの別のボリュームとペアリングできます。

開始する前に

手順

  1. [Management] > [Volumes]の順に選択します。
  2. ペアリングするボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. [Pair]をクリックします。
  4. [Pair Volume]ダイアログ ボックスで、[Start Pairing]を選択します。
  5. リモート クラスタにアクセスできないので、[I Do Not]を選択します。
  6. [Replication Mode]をリストから選択します。
    • Real-time (Asynchronous):書き込みはソース クラスタでコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Real-time (Synchronous):書き込みはソース クラスタとターゲット クラスタの両方でコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Snapshots Only:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
  7. [Generate Key]をクリックします。
    注: この操作により、ペアリング用のテキスト キーが生成され、ローカル クラスタにボリューム ペアが未設定の状態で作成されます。この手順を途中で中止した場合は、ボリューム ペアを手動で削除する必要があります。
  8. ペアリング キーをクリップボードにコピーします。
  9. このペアリング キーをリモート クラスタ サイトのクラスタ管理者に渡します。
    注: ボリューム ペアリング キーの取り扱いには十分に注意し、誤って外部に漏れたり不正に使用されたりしないように適切に管理してください。
    注意: ペアリング キーの文字はいっさい変更しないでください。変更するとキーは無効になります。
  10. リモート クラスタのElement UIで、[Management] > [Volumes]の順に選択します。
  11. ペアリングするボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  12. [Pair]をクリックします。
  13. [Pair Volume]ダイアログ ボックスで、[Complete Pairing]を選択します。
  14. もう一方のクラスタのペアリング キーを[Pairing Key]ボックスに貼り付けます。
  15. [Complete Pairing]をクリックします。

    ペアリング操作を確定すると、2つのクラスタでペアリング対象のボリュームを接続するプロセスが開始されます。ペアリング プロセス中は、[Volume Pairs]ウィンドウの[Volume Status]列にメッセージが表示されます. ソースとターゲットが割り当てられるまで、ボリューム ペアにはPausedMisconfiguredと表示されます。