ノード単位の UI を使用したシステムテストの実行

ネットワーク設定を変更してネットワーク構成に適用したら、変更した設定をテストできます。テストを実行して、ストレージノードが安定していて、問題なくオンラインにできることを確認できます。

開始する前に

ストレージノードのノードごとの UI にログインしている。

手順

  1. System Testsをクリックします。
  2. Run Test実行するテストの横Run All Testsにあるをクリックするか、を選択します。
    注: すべてのテスト処理を実行するには時間がかかり、ネットアップのサポートの指示がある場合にのみ実行する必要があります。
    Test Connected Ensemble
    データベース アンサンブルへの接続を検証します。デフォルトでは、ノードが関連付けられているクラスタのアンサンブルがテストで使用されます。また、接続をテストする別のアンサンブルを指定することもできます。
    Test Connect Mvip
    指定した管理仮想 IP ( MVIP )アドレスに ping を実行し、 MVIP への単純な API コールを実行して接続を確認します。デフォルトでは、ノードが関連付けられているクラスタには MVIP が使用されます。
    Test Connect Svip
    ネットワークアダプタに設定されている最大伝送単位( MTU )サイズに一致する Internet Control Message Protocol ( ICMP )パケットを使用して、指定された Storage Virtual IP ( SVIP )アドレスに ping を実行します。その後、iSCSIイニシエータとしてSVIPに接続します。デフォルトでは、ノードが関連付けられているクラスタに SVIP が使用されます。
    Test Hardware Config
    すべてのハードウェア構成をテストして、ファームウェアのバージョンが正しいこと、すべてのドライブが適切に実装されて実行されていることを確認します。工場出荷時のテストと同じ内容です。
    注: このテストはリソースを大量に消費するため、ネットアップのサポートから要求された場合にのみ実行してください。
    Test Local Connectivity
    各ノードでクラスタIP(CIP)に対してpingを実行して、クラスタの他のすべてのノードへの接続をテストします。このテストは、ノードがアクティブなクラスタに属している場合にのみ表示されます。
    Test Locate Cluster
    ノードがクラスタ構成で指定されたクラスタを特定できることを検証します。
    Test Network Config
    設定したネットワーク設定がシステムで使用されているネットワーク設定と一致することを確認します。このテストは、ノードがクラスタにアクティブに参加しているときにハードウェア障害を検出するためのものではありません。
    Test Ping
    指定されたホストのリストに対して ping を実行します。指定されていない場合は、クラスタ内のすべての登録済みノードのリストを動的に構築し、簡単な接続を実現するために ping を実行します。
    Test Remote Connectivity
    各ノードでクラスタ IP ( CIP )に ping を実行して、リモートペアクラスタ内のすべてのノードへの接続をテストします。このテストは、ノードがアクティブなクラスタに属している場合にのみ表示されます。