仮想ボリュームの削除

仮想ボリュームの削除は必ずVMware管理レイヤから実行する必要がありますが、仮想ボリュームを削除する機能自体はElement UIから有効にします。vSphereがSolidFireストレージ上の仮想ボリュームをクリーンアップできない場合など、どうしても必要な場合以外は、Element UIから仮想ボリュームを削除しないでください。

手順

  1. [VVols] > [Virtual Volumes]の順に選択します。
  2. 削除する仮想ボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. 表示されたメニューで[Delete]を選択します。
    注意: 削除される前に仮想ボリュームのバインドが正しく解除されるよう、仮想ボリュームはVMware管理レイヤから削除する必要があります。vSphereがSolidFireストレージ上の仮想ボリュームをクリーンアップできない場合など、どうしても必要な場合以外は、Element UIから仮想ボリュームを削除しないでください。Element UIから仮想ボリュームを削除すると、ボリュームはただちにパージされます。
  4. 操作を確定します。
  5. 仮想ボリュームのリストを更新して、仮想ボリュームが削除されたことを確認します。
  6. オプション: [Reporting] > [Event Log]の順に選択して、パージが成功したことを確認します。