アカウントの編集

アカウントを編集して、ステータス、CHAPシークレット、またはアカウント名を変更できます。

タスク概要

アカウントのCHAP設定を変更したり、アクセス グループからイニシエータやボリュームを削除したりすると、イニシエータがボリュームにアクセスできなくなることがあります。ボリュームへのアクセスが予期せず失われないことを確認するには、アカウントまたはアクセスグループの変更の影響を受ける iSCSI セッションを常にログアウトし、イニシエータの設定とクラスタ設定の変更が完了した後にイニシエータがボリュームに再接続できることを確認します。
注意: 管理サービスに関連付けられている永続ボリュームは、インストールまたはアップグレード時に作成される新しいアカウントに割り当てられます。永続ボリュームを使用している場合は、関連するアカウントを変更または削除しないでください。

手順

  1. Management > Accountsの順に選択します。
  2. アカウントの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. 表示されるメニューでEdit、を選択します。
  4. オプション: を編集Usernameします。 .
  5. オプション: Statusドロップダウンリストをクリックして、別のステータスを選択します。
    注意: ステータスをlockedに変更すると、アカウントへのすべての iSCSI 接続が終了し、アカウントにアクセスできなくなります。アカウントに関連付けられたボリュームは維持されますが、ボリュームは iSCSI で検出できません。
  6. オプション: CHAP SettingsInitiator SecretTarget Secretで、ノードセッション認証に使用するクレデンシャルとクレデンシャルを編集します。
    注: CHAP Settingsクレデンシャルを変更しない場合、クレデンシャルは変更されません。クレデンシャルのフィールドを空白にすると、システムによって新しいパスワードが生成されます。
  7. Save Changesをクリックします。