レプリケーションの一時停止

I/O処理を短時間停止する必要がある場合は、レプリケーションを手動で一時停止できます。I/O処理が急増したために処理の負荷を軽減する場合、レプリケーションを一時停止することができます。

手順

  1. [Data Protection] > [Volume Pairs]の順に選択します。
  2. ボリューム ペアの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. [Edit]をクリックします。
  4. [Edit Volume Pair]ペインで、レプリケーション プロセスを手動で一時停止します。
    注意: ボリューム レプリケーションを手動で一時停止または再開すると、データの転送が中止または再開されます。これらの変更が両方のサイトで調整されていることを確認してください。
  5. [Save Changes]をクリックします。