構成データのエクスポートとインポート

NAS Bridgeノードの構成データをエクスポートできます。その後、障害が発生したノードのリカバリが必要な場合に、構成データをインポートできます。

タスク概要

NAS Bridgeノードの構成を変更するたびに、NAS Bridgeの構成データをエクスポートする必要があります。構成データを保存すると、障害が発生したノードのリカバリが簡単になります。何か不具合が発生した場合に、構成ファイルをアップロードし、リカバリされたノードにデータをインポートすることにより、設定を簡単にリストアできます。

手順

  1. Webページの上部にある[Maintenance]をクリックします。
  2. [Configuration Exports]をクリックします。
  3. ノードの現在の構成をエクスポートおよびダウンロードするには、次の手順を実行します。
    1. [Generate Export]をクリックします。
      データがWebページ上のテーブルに表示されます。
    2. [download]アイコンをクリックし、ローカル ワークステーションに構成ファイルを保存します。
  4. 保存した構成ファイルをNAS Bridgeノードにインポートするには、次の手順を実行します。
    注:インポート機能は、障害からのリカバリの一環としてのみ使用します。このことは、『NAS Bridgeインストールおよびセットアップ ガイド』で説明されています。
    1. [Choose File]をクリックし、以前にエクスポートした構成ファイルを選択します。
    2. [Upload]をクリックします。
      構成ファイルがWebページ上のテーブルに表示されます。
    3. [import]アイコンをクリックして、構成データを含めてNAS Bridgeノードを更新します。
    4. プロンプトが表示されたら、[Yes]をクリックしてファイルをインポートし、ノードをリブートします。
      構成ファイルをインポートすると、ノードがリブートします。システムのリブート中にノードまたは管理APIにアクセスすると、エラー メッセージが表示される場合があります。これらのエラーを回避するには、インポート プロセスを開始後に約15分間待機してからノードまたは管理APIにアクセスします。
    5. ノードのリブートが完了したら、もう一度ログインします。
  5. 構成ファイルを削除するには、[delete]アイコンをクリックします。