NAS Bridgeのレポートの使用

NAS Bridgeメニューの[Reporting]の選択肢に含まれるオープンソース ツールを使用すると、NAS Bridgeダッシュボードを管理およびカスタマイズできます。


この図には説明が付随しています。

NAS Bridgeダッシュボードでは、Grafanaダッシュボード ツールとPrometheusシステム監視ツールを使用します。Grafanaは設定可能なグラフおよびチャートで時系列のデータを表示し、Prometheusはバックエンドのデータ ソースとして機能します。

開始する前に

NAS Bridgeユーザなら誰でもダッシュボードを表示できます(MonitorまたはAdminロール)。ただし、ダッシュボードを変更する場合や、独自のカスタム グラフおよびダッシュボードを作成する場合は、AdminロールのユーザとしてNAS Bridge Webページにサインインする必要があります。

詳細情報

Grafanaダッシュボード ツールおよびPrometheusデータ ソース ツールを使用すると、カスタマイズされたNAS Bridgeのグラフおよびダッシュボードを作成できます。本ドキュメントでは、作業の開始時に役立つ手順の概要を説明しますが、これらのツールを使用して実行できる操作について説明しているわけではありません。

Grafanaダッシュボードの使用に関する完全な情報については、GrafanaのWebサイトを参照してください。Prometheusでの照会の詳細については、PrometheusのWebサイトを参照してください。
注:必ず、NAS Bridgeで使用されているバージョンであるGrafanaバージョン3.0の手順を使用してください。