NAS Bridgeノードへのサインイン

NAS Bridgeのインストールと初期設定が完了したら、システム構成の準備にて、サインインしてノードにアクセスできることを確認する必要があります。

開始する前に

NAS Bridgeがインストールおよび初期設定されている必要があります。仮想マシンを起動して使用可能になったら、次の情報が必要です。

タスク概要

ユーザ名は、Eメール アドレスの形式にします。

手順

  1. ブラウザを使用して、NAS Bridgeノードの管理IPアドレスに移動します。
  2. 管理者のユーザ名とパスワードを入力し、[Sign In]をクリックします。
  3. エンド ユーザ ライセンス契約および製品保証明細書を読みます。
  4. [Agree]をクリックして承認し、サインインを完了します。

タスクの結果

NAS Bridgeユーザ インターフェイスが表示され、最上位の選択メニューに[Configuration][Maintenance]、および[Reporting]が表示されます。
この図には説明が付随しています。