APIへのアクセスとその使用

NAS Bridge管理APIには、WebブラウザからSwaggerユーザ インターフェイスを使用してアクセスできます。また、プログラミング言語やその他のコマンドライン ツールを使用することもできます。

タスク概要

NAS Bridge管理APIには、次のいずれかの方法でアクセスできます。
  • NAS BridgeノードからSwagger Webページを使用します。このページではAPI呼び出しがリソース タイプによって分類され、一貫した形式で表示されます。この方法を使用したAPIへのアクセスについては、このマニュアルで説明しています。この方法を使用するには、SwaggerページのAPIドキュメントを解釈する方法、およびAPIを呼び出す方法を理解する必要があります。
  • Pythonなどのプログラミング言語やその他のコマンドライン ツールを使用します。プログラムを通じて管理APIにアクセスすることで、APIをより詳しく理解できます。本ドキュメントでは、この方法を使用したAPIのアクセスについて説明しません。
    注:管理APIにアクセスするためのプログラミング言語やツールには多数の選択肢がありますが、広く利用されているスクリプト言語はPythonです。多くの場合、Pythonスクリプトは、ほとんどのIT環境で通常使用される自動化プロセスに容易に統合できます。