認証トークンの取得

管理APIを使用するには、最初に認証トークンを取得する必要があります。このトークンは、すべてのAPI呼び出しで、他の情報とともに指定する必要があります。

手順

  1. Swaggerページで、[sessions]をクリックします。
  2. [POST]をクリックして、認証トークンを返すために使用するAPI呼び出しを表示します。
  3. 管理者アカウントのEメール アドレス(ユーザ名)とパスワードを入力します。
  4. [Try it out]をクリックします。

    サインインの例
    ユーザ名とパスワードが有効であれば、成功を示すHTTPステータス コード201が返されます。
  5. 応答の本文で返された認証トークン(引用符なし)をコピーします。

    応答の本文の例
  6. このトークンは、今後API呼び出しを行う際に、X-API-Tokenパラメータとして使用します。