NAS Bridgeへの論理インターフェイスとルートの追加

使用可能な仮想マシン ネットワーク アダプタを使用して、NAS Bridgeに論理インターフェイス(LIF)を追加することができます。

開始する前に

次の情報が必要です。

NAS Bridge仮想マシンに定義されている使用可能なネットワーク アダプタも必要です。

手順

  1. Webページの上部にある[Configuration]をクリックします。
  2. ページの左側にある[Networking]をクリックします。
  3. ページ上部の[Logical Interfaces]の横にある[Add]をクリックします。
  4. 次の設定情報を入力します。
    • Name - LIFの一意の名前
    • Interface - OSのネットワーク インターフェイス(先頭が「eth」であることが必要)
    • VLAN - オプションのVLAN番号
    • Protocol - StaticまたはDHCP(動的)
    • CIDR - CIDR表記によるLIFのIPアドレス
  5. [Save]をクリックします。
  6. ルートを作成するには、[Route]の横にある[Add]をクリックします。
  7. 次の設定情報を入力して適切なLIFに関連付けます。
    • Name - ルートの一意の名前
    • Logical interface - 関連付けられるLIF
    • CIDR - CIDR表記によるルート エントリのIPアドレス
    • Gateway - IPゲートウェイのIPアドレス
  8. [Save]をクリックします。