デフォルトのLIFを静的IPアドレスに変換する

通常、VMware環境ではDHCPを有効にしておく必要があります。この場合、NAS Bridge仮想マシンには動的IPアドレスが割り当てられます。DHCPを使用しない環境では、静的IPアドレスでデフォルトのLIFを設定する必要があります。

開始する前に

タスク概要

pbcliは、デフォルトのLIFにDHCPを使用できない状況でネットワーク設定を行う場合にのみ使用します。それ以外のネットワーク設定は、Webユーザ インターフェイスまたは管理APIから行う必要があります。

手順

  1. VMRCを使用してNAS Bridge仮想マシンのVMwareコンソールを開きます。
  2. CLI管理者アカウントを使用してログインします。pb
  3. プロンプトが表示されたら、アカウントの現在のパスワードを入力します。
  4. Webユーザ インターフェイスで使用するユーザ名とパスワードを使用して、デフォルトのDHCP LIFを削除します。
    例:pbcli -e username -p password lif delete -i 1
  5. 新しい静的LIFを作成します。
    例:pbcli -e username -p password lif create -i eth0 -n LIF_NAME -p static -r both -c IPADDRESS/CIDR
  6. デフォルト ゲートウェイを作成します。
    例:pbcli -e username -p password route create -g IPADDRESS_GATEWAY -n ROUTE_NAME

終了後の操作

静的LIFの作成後は、NAS Bridgeノードにアクセスする際に常に静的IPアドレスを使用する必要があります。