論理インターフェイスの作成

ストレージ ネットワークの設計および計画したファイルシステムの数によっては、1つ以上の論理インターフェイスを追加で作成する必要があります。各LIFの作成は、2つのステップで行います。

タスク概要

NAS Bridge仮想マシンには、起動時に1つのIPアドレスが割り当てられます。NAS Bridgeは、このIPアドレスを使用して自動的に論理インターフェイス定義を作成します。この論理インターフェイスは、データ トラフィックと管理トラフィックの両方に使用できます。ただし、ストレージ ネットワークでデータ トラフィックと管理トラフィックを分離する必要がある場合は、追加の論理インターフェイスを作成する必要があります。多数のファイルシステムを定義する計画がある場合は、データLIFを複数作成することもできます。