仮想マシンの導入

NAS Bridge仮想マシンを導入する必要があります。仮想マシン イメージは、OVF標準に基づく単一ファイルに含まれています。

開始する前に

VMware vSphereおよびESXiについて理解し、この環境で仮想マシンの導入を経験している必要があります。

また、NAS Bridge仮想マシンの導入に備えて次の作業を行っておく必要があります。

タスク概要

NAS Bridge仮想マシンにはVMware Toolsパッケージが含まれています。DHCPが有効になっている環境に導入する場合は、仮想マシン起動時に仮想マシンにIPアドレスが割り当てられます。デフォルトのネットワーク設定では一般にDHCPが使用され、NAS BridgeでもDHCPが使用されることが前提となっています。

手順

  1. VMware vSphere Web Clientにアクセスし、サインインします。
  2. [vCenter]階層の適切な場所に移動し、[Deploy OVF Template]を右クリックで選択します。
    通常は[Hosts and Clusters]に移動し、特定のユーザとしてテンプレートを導入するか、特定のリソース プール内でテンプレートを導入します。
  3. 必要な情報を入力し、環境に適したオプションを選択します。
    仮想マシンの導入は、ソースの.ovaファイルと導入先の選択をはじめとする複数のステップで行います。
  4. 仮想マシンを起動します(まだアクティブでない場合)。
  5. [vCenter Client]ページで仮想マシンの概要タブに移動し、IPアドレスを書き留めます。
    このIPアドレスは、Webブラウザを使用してNAS Bridgeノードに接続する際に必要となります。最初のIPアドレスはDHCPによって割り当てられます。