TSMサーバの容量が上限に達した場合のアーカイブ ノードの管理

TSMサーバには、管理対象のTSMデータベースまたはアーカイブ メディア ストレージの容量が上限に近づいている場合にアーカイブ ノードに通知する手段がありません。アーカイブ ノードは、TSMサーバが新しいコンテンツの受け入れを停止したあとも引き続きTSMサーバに転送するオブジェクト データを受け入れますが、 TSMサーバが管理するメディアにこのコンテンツを書き込むことはできないため、 アラームがトリガーされます。この状況を回避するには、TSMサーバをプロアクティブに監視します。

開始する前に

タスク概要

以降ARCサービスからTSMサーバにコンテンツが送信されないようにするには、アーカイブ ノードの[ARC] > [Store]コンポーネントをオフラインにして、アーカイブ ノードをオフラインにします。この手順は、TSMサーバがメンテナンスで使用できない際にアラームオフにする場合にも使用できます。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. [Archive Node] > [ARC] > [Store]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。

    アーカイブ ノードの設定ページ
  4. [Archive Store State]Offlineに変更します。
  5. [Archive Store Disabled on Startup]を選択します。
  6. [Apply Changes]をクリックします。