Eメール サーバの設定

[E-mail Server]ページでは、アラーム通知およびAutoSupportメッセージを送信するためのSMTPメール サーバを設定できます。StorageGRID WebscaleシステムはEメールを送信するのみで、受信することはできません。

開始する前に

タスク概要

Eメールの送信用にはSMTPプロトコルのみがサポートされています。

手順

  1. [Configuration] > [Email Setup]を選択します。
  2. [Email]メニューから[Server]を選択します。

    [E-mail Server]ページ
  3. 次のSMTPメール サーバの設定を追加します。
    項目 説明
    Mail Server SMTPメール サーバのIPアドレス。以前に管理ノードでDNSを設定している場合は、IPアドレスではなくホスト名を入力できます。
    Port SMTPメール サーバにアクセスするためのポート番号。
    Authentication SMTPメール サーバを認証する場合に選択します。デフォルトでは、認証は[Off]になっています。
    Authentication Credentials SMTPメール サーバのユーザ名とパスワード。[Authentication]を[On]に設定した場合は、SMTPメール サーバにアクセスするためのユーザ名とパスワードを指定する必要があります。
  4. [From Address]に、SMTPサーバが送信元のEメール アドレスとして認識する有効なEメール アドレスを入力します。アラーム通知またはAutoSupportメッセージの送信元となる公式のEメール アドレスを指定します。
  5. 必要に応じて、テスト用Eメールを送信してSMTPメール サーバの設定が正しいことを確認します。
    1. [Test E-mail ] > [To]ボックスで、アクセス可能なアドレスを1つまたは複数追加します。
      1つのEメール アドレスまたはEメール アドレスのカンマ区切りのリストを入力できます。テスト用Eメールを送信してもNMSサービスでは成功したかどうかが確認されないため、テスト受信者の受信ボックスをチェックできる必要があります。
    2. [Send Test E-mail]を選択します。
  6. [Apply Changes]をクリックします。
    SMTPメール サーバの設定が保存されます。テスト用Eメールの情報を入力した場合は、そのEメールが送信されます。テスト用Eメールは、すぐにメール サーバに送信され、通知キュー経由では送信されません。複数の管理ノードが配置されたシステムでは、各管理ノードからEメールが送信されます。テスト用Eメールが届けば、SMTPメール サーバの設定は正しく、NMSサービスはメール サーバに正常に接続しています。NMSサービスとメール サーバの接続に問題がある場合は、MINS(NMS通知ステータス)Minorアラームがトリガーされます。