優先送信者の選択

StorageGRID Webscale環境の各サイトには管理ノードを複数含むことができます。複数の管理ノードが含まれている環境では、1つの管理ノードを通知およびAutoSupportメッセージの優先送信者として設定する必要があります。任意の管理ノードを優先送信者として選択でき、いつでも変更できます。

開始する前に

タスク概要

[Display Options]ページには、現在通知を送信している管理ノードが表示されます。ほとんどの場合、この管理ノードは優先送信者と同じノードです。ただし、ある管理ノードがシステムの他の部分から孤立しているとそのノードでは優先送信者を使用できないため、そのノードが自動的に現在の送信者となります。孤立している管理ノードがある場合、複数の管理ノードが通知およびAutoSupportメッセージを送信しようとするため、同じ通知を複数受信する可能性があります。

手順

  1. [Configuration] > [Display Options]を選択します。
  2. [Display Options]メニューから[Options]を選択します。
  3. 優先送信者として設定する管理ノードをドロップダウン リストから選択します。

    [Display Options]ページ
  4. [Apply Changes]をクリックします。
    管理ノードが通知の優先送信者として設定されます。