ストレージ テナント アカウントの管理

ストレージ テナント アカウントには、StorageGRID Webscaleシステムを使用してオブジェクトの格納と読み出しができるユーザを指定できます。

テナント アカウントは、S3クライアント プロトコルまたはSwiftクライアント プロトコルを使用します。StorageGRID Webscaleシステムにオブジェクトを格納するために使用されるクライアント プロトコル(SwiftまたはS3)ごとに、テナント アカウントを少なくとも1つ作成する必要があります。Swiftクライアント プロトコルとS3クライアント プロトコルを両方とも使用してオブジェクトを格納および読み出す場合は、少なくとも2つのテナント アカウント(Swiftのコンテナとオブジェクト用に1つ、S3のバケットとオブジェクト用に1つ)を作成する必要があります。

システムに格納されているオブジェクトをエンティティ別に分離する場合は、追加のテナント アカウントを作成できます。各テナント アカウントには、一意のアカウントID、テナント管理インターフェイス、フェデレーテッド / ローカル グループとユーザ、およびコンテナ(S3の場合はバケット)とオブジェクトがあります。

たとえば、次のユースケースでは複数のテナント アカウントをセットアップできます。
テナント アカウントを作成する際には次の情報を指定します。

各テナント アカウントは、専用のブラウザベースのユーザ インターフェイスとテナントAPI(テナント管理インターフェイスと呼ばれます)を使用できます。新しいテナント アカウントを保存したら、テナント管理インターフェイスにサインインしてテナントのグループとユーザを設定できます。サービス プロバイダの場合、テナントのURLおよびテナントのrootユーザのパスワードを第三者に提供できます。