Server Managerのステータスとバージョンの表示

グリッド ノードごとに、そのグリッド ノード上で実行されているServer Managerの現在のステータスやバージョンを表示できます。そのグリッド ノード上で実行されているすべてのサービスの現在のステータスも取得できます。

開始する前に

Passwords.txtファイルが必要です。

手順

  1. サービス ラップトップから、プライマリ管理ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@primary_Admin_Node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. グリッド ノード上で実行されているServer Managerの現在のステータスを表示します。/etc/init.d/servermanager status
    グリッド ノード上で実行されているServer Managerの現在のステータスが(実行中かどうかに関係なく)報告されます。Server Managerのステータスがrunningの場合、前回起動されてからの実行時間が表示されます。次に例を示します。
    servermanager running for 1d, 13h, 0m, 30s
    このステータスは、ローカル コンソール画面のヘッダーに表示されるステータスと同じです。
  3. グリッド ノード上で実行されているServer Managerの現在のバージョンを表示します。/etc/init.d/servermanager version
    グリッド ノード上で実行されているServer Managerの現在のバージョンが報告されます。次に例を示します。
    10.3.0-20160125.2055.fe1efd1
    この情報は、StorageGRID Webscaleシステムを更新する場合に役立ちます。
  4. コマンド シェルからログアウトします。exit