AutoSupportメッセージのトリガー

AutoSupportメッセージはいつでも手動でトリガーできます。

開始する前に

手順

  1. [Configuration] > [AutoSupport]を選択します。
  2. [AutoSupport]メニューから[User-triggered]を選択します。
  3. [Send]をクリックします。
    StorageGRID WebscaleシステムはAutoSupportメッセージをテクニカル サポートに送信します。送信が成功した場合、[Last Attempt]属性はSuccessfulに更新されます。問題があった場合は、[Last Attempt]属性はFailedに更新されます。StorageGRID Webscaleシステムは再送信を試行しません。

    問題が発生した場合は、StorageGRID WebscaleシステムのEメール サーバが正しく設定されていることと、Eメール サーバが実行されていることを確認します。