エラー状態のサービス

サービスがエラー状態にあることを検出した場合は、サービスの再開を試みてください。

開始する前に

Passwords.txtファイルが必要です。

タスク概要

Server Managerは、サービスを監視して、予期せず停止しているサービスがあれば再開します。サービスに障害が発生すると、Server Managerはそのサービスの再開を試みます。5分以内にサービスの開始が3回失敗した場合、サービスは停止し、エラー状態になります。Server Managerはそれ以上再開を試みません。

手順

  1. サービス ラップトップから、グリッド ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. サービスのエラー状態を確認します。 /etc/init.d/service status
    次に例を示します。
    /etc/init.d/ldr status
    サービスがエラー状態になっている場合は、次のメッセージが返されます。service in error state 次に例を示します。
    ldr in error state
    注:サービス ステータスがdisabledの場合は、サービスのDoNotStartファイルの削除手順を参照してください。
  3. この場合、サービスを再開してエラー状態を解消します。 /etc/init.d/service restart
    サービスを再開できない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。
  4. コマンド シェルからログアウトします。 exit