S3 APIの接続設定の変更

S3 APIを使用して外部のアーカイブ ストレージ システムに接続するようにアーカイブ ノードを設定したあとで接続が変更された場合、一部の設定を変更できます。

開始する前に

タスク概要

クラウドの階層化(S3)アカウントを変更した場合は、アーカイブ ノードによって以前にバケットに取り込まれたすべてのオブジェクトを含めて、バケットへの読み取り / 書き込みアクセスがユーザ アクセス クレデンシャルに割り当てられている必要があります。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. [Archive Node] > [ARC] > [Target]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。

    アーカイブ ノードの設定の変更ページ
  4. 必要に応じて、アカウント情報を変更します。
    ストレージ クラスを変更すると、新しいオブジェクト データは新しいストレージ クラスで格納されます。既存のオブジェクトは、引き続き取り込み時に設定したストレージ クラスで格納されます。
    注:[Bucket Name]、[Region]、および[Endpoint]にはAWSの値が適用されます。これらの値を変更することはできません。
  5. [Apply Changes]をクリックします。