監査共有からのNFS監査クライアントの削除

NFS監査クライアントは、IPアドレスに基づいて監査共有へのアクセスが許可されます。既存の監査クライアントを削除するには、そのIPアドレスを削除します。

開始する前に

タスク概要

監査共有にアクセス可能な最後のIPアドレスを削除することはできません。

手順

  1. サービス ラップトップから、プライマリ管理ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@primary_Admin_Node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. NFS設定ユーティリティを起動します。config_nfs.rb
    -----------------------------------------------------------------
    | Shares               | Clients              | Config          |
    -----------------------------------------------------------------
    | add-audit-share      | add-ip-to-share      | validate-config |
    | enable-disable-share | remove-ip-from-share | refresh-config  |
    |                      |                      | help            |
    |                      |                      | exit            |
    -----------------------------------------------------------------
  3. 監査共有からIPアドレスを削除します。remove-ip-from-share
    サーバで設定されている監査共有に番号が振られ、リストに表示されます。監査共有は/var/local/audit/exportのように表示されます。
  4. 監査共有に対応する番号を入力します。audit_share_number
    監査共有へのアクセスを許可しているIPアドレスに番号が振られ、リストに表示されます。
  5. 削除するIPアドレスに対応する番号を入力します。
    監査共有が更新され、削除したIPアドレスの監査クライアントからのアクセスは許可されなくなります。
  6. プロンプトが表示されたら、Enterキーを押します。
    NFS設定ユーティリティが表示されます。
  7. NFS設定ユーティリティを閉じます。exit
  8. StorageGRID Webscale環境が複数データセンター サイトの環境であり、他のサイトにも管理ノードが含まれている場合は、必要に応じてこれらの監査共有を無効にします。
    1. 各サイトの管理ノードにリモートからログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    2. 手順27を繰り返して、追加の管理ノードごとに監査共有を設定します。
    3. リモート管理ノードへのリモートのSecure Shellログインを終了します。exit
  9. コマンド シェルからログアウトします。exit