アクティブなグリッド タスクの一時停止

アクティブなグリッド タスクを一時停止しなければならない場合があります。グリッド タスクの一時停止が必要になるのは、StorageGRID Webscaleシステムが極端にビジーな状態になり、グリッド タスクの処理で使用されているリソースを解放する必要がある場合です。

開始する前に

タスク概要

テクニカル サポートからの指示があった場合や別の手順で明確に指示されている場合を除き、アクティブなグリッド タスクは一時停止しないでください。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. [primary Admin Node] > [CMN] > [Grid Tasks]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。
  4. [Actions]で、一時停止するアクティブなグリッド タスクの[Pause]を選択します。
  5. [Apply Changes]をクリックします。
    グリッド タスクは、[Active]テーブルに表示されたまま、ステータスが「Paused」に変更され変わります。[primary Admin Node] > [CMN] > [Grid Tasks] > [Overview] > [Main]に戻って、このステータスを確認できます。