例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する

この例では、ポリシーをシミュレートする際に、ルールの順序を変更して結果を変更する方法を示します。

タスク概要

この例では、「Demo」ポリシーをシミュレートします。このポリシーの目的はseries=x-menユーザ メタデータを含むオブジェクトを検索することで、次の3つのルールが含まれます。

  • 最初のルール「PNGs」は.pngで終わるキー名に対してフィルタを適用します。
  • 2番目のルール「X-men」は特定のテナント アカウント内のオブジェクトにのみ適用され、series=x-menユーザ メタデータに対してフィルタを適用します。
  • 最後のルール「Make 2 Copies」はデフォルト ルールで、最初の2つのルールに一致しないオブジェクトに一致します。

例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する

手順

  1. ルールを追加してポリシーを保存したら、[Simulate]をクリックします。
  2. [Object]フィールドに、テスト オブジェクトのS3バケット / キーまたはSwiftコンテナ / オブジェクトを入力して、[Simulate]をクリックします。
    Havok.pngオブジェクトが「PNGs」ルールに一致したことが[Simulation Results]に表示されます。
    例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
    ただし、Havok.pngオブジェクトでテストしようとしていたルールは「X-men」ルールでした。
  3. この問題を解決するには、ルールの順序を変更します。
    1. [Finish]をクリックして[Simulate ILM Policy]ページを閉じます。
    2. [Edit]をクリックしてポリシーを編集します。
    3. 「X-men」ルールをリストの先頭にドラッグします。

      例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
    4. [Save]をクリックします。
  4. [Simulate]をクリックします。
    同じオブジェクトが更新したポリシーに照らして再評価され、新しいシミュレーション結果が表示されます。この例では、想定どおりにHavok.pngオブジェクトが「X-men」メタデータ ルールに一致したことが[Rule Matched]列に表示されます。[Previous Match]列には、以前のシミュレーションでは「PNGs」ルールが一致したことが表示されます。
    例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
    注:[Configure Policies]ページでは、ポリシーを変更したあとにテスト オブジェクトの名前を再入力せずに再度ポリシーをシミュレートできます。