フォアグラウンド検証とは

フォアグラウンド検証はユーザが開始するプロセスであり、想定されるすべてのオブジェクト データがストレージ ノード上に存在するかどうかをチェックします。フォアグラウンド検証はストレージ デバイスの整合性を検証するために使用します。

フォアグラウンド検証は、ストレージ ノード上のオブジェクト データの存在はチェックしても整合性はチェックしないため、バックグラウンド検証よりも実行時間が短くて済みます。フォアグラウンド検証で多くの項目が欠落していることが見つかった場合、ストレージ ノードに関連付けられているストレージ デバイスのすべてまたは一部で問題が発生している可能性があります。イレイジャー コーディング オブジェクトに対するフォアグラウンド検証で問題が検出された場合は、影響を受けたすべてのストレージ ボリュームに対してリカバリ手順を実行する必要があります。

フォアグラウンド検証は、レプリケート オブジェクト データとイレイジャー コーディング オブジェクト データの両方をチェックします。フォアグラウンド検証でオブジェクト データのコピーの欠落が見つかった場合は、そのコピーの置き換えが自動的に試行されます。

レプリケートされたオブジェクト データのコピーが欠落していることがわかった場合、StorageGRID Webscaleシステムは、システム内の別の場所に格納されているコピーで欠落しているオブジェクト データを自動的に置き換えます。ストレージ ノードは既存のコピーに対してILMを評価します。欠落したオブジェクトはすでに想定される場所に存在しないため、このオブジェクトに関して現在のILMポリシーは満たされていないという結果となります。その結果、システムのアクティブなILMポリシーに沿って新しいコピーが生成されて配置されます。この新しいコピーは、欠落したコピーが格納されていた場所に配置されるとはかぎりません。

イレイジャー コーディング オブジェクトのコピーのフラグメントが欠落していることがわかった場合、StorageGRID Webscaleシステムは、自動的に残りのフラグメントを使用して同じストレージ ノード上に欠落フラグメントの再構築を試みます。欠落フラグメントを再構築できなかった場合は、「Corrupt Copies Detected (ECOR)」属性の値が1つ増えます。次にILMは、新しいイレイジャー コーディング コピーを生成するために使用できる、オブジェクトの別のコピーを探します。

欠落しているレプリケート オブジェクトまたは破損したイレイジャー コーディング オブジェクトの他のコピーがグリッド内に見つからなかった場合は、LOST(Lost Objects)アラームがトリガーされます。

フォアグラウンド検証でストレージ ボリューム上のイレイジャー コーディングに問題が見つかった場合は、フォアグラウンド検証グリッド タスクは一時停止し、影響を受けたボリュームを示すエラー メッセージが表示されます。