格納オブジェクトの設定

暗号化、ハッシュ、圧縮など、格納オブジェクトの設定を行うことができます。[Prevent Client Modify]設定を有効にして、HTTPプロファイル用に定義された権限を上書きして、特定のHTTPクライアント処理を拒否することもできます。