TSMミドルウェア経由でのテープへのアーカイブ

Tivoli Storage Manager(TSM)サーバをターゲットとするようにアーカイブ ノードを構成できます。TSMサーバは、テープ ライブラリを含むランダムまたはシーケンシャル アクセスのストレージ デバイスとの間でオブジェクト データを格納および読み出すための論理インターフェイスです。

アーカイブ ノードのARCサービスはTSMサーバに対するクライアントとして機能し、Tivoli Storage Managerをアーカイブ ストレージ システムと通信するためのミドルウェアとして使用します。

Tivoli Storage Manager管理クラス

TSMミドルウェアによって定義された管理クラスは、TSMのバックアップおよびアーカイブ処理がどのように機能するかを示します。この管理クラスを使用して、TSMサーバによって適用されるコンテンツ用のルールを指定できます。これらのルールはStorageGRID WebscaleシステムのILMポリシーとは独立して機能します。オブジェクトは永続的に格納され、アーカイブ ノードによっていつでも読み出し可能であるというStorageGRID Webscaleシステムの要件と矛盾しないことが必要です。アーカイブ ノードからがTSMサーバにオブジェクト データを送信されたあと、TSMサーバが管理するテープにオブジェクト データが格納される間、TSMのライフサイクルと保持のルールが適用されます。

TSM管理クラスは、アーカイブ ノードからTSMサーバにオブジェクト データが送信されたあと、データの場所または保持のルールを適用するためにTSMサーバで使用されます。たとえば、データベースのバックアップとして識別されたオブジェクト(新しいデータで上書き可能な一時的コンテンツ)を、アプリケーション データ(無期限に保持する必要のある固定コンテンツ)とは別の方法で処理できます。