格納オブジェクトの圧縮の設定

格納オブジェクトの圧縮では、オブジェクト データのロスレス圧縮を使用してオブジェクトのサイズを縮小することにより、ストレージの消費量を削減します。

開始する前に

タスク概要

オブジェクトをStorageGRID Webscaleシステムに保存するアプリケーションが、保存する前にオブジェクトを圧縮する場合があります。クライアント アプリケーションがオブジェクトを圧縮してからStorageGRID Webscaleシステムに保存する場合は、格納オブジェクトの圧縮を有効にしてもオブジェクトのサイズがさらに縮小されることはありません。

格納オブジェクトの圧縮はデフォルトでは無効になっています。

注:新しい設定が適用されるまで少し時間がかかることがあります。設定した値は、パフォーマンスと拡張用にキャッシュされます。新しい設定をすぐに適用するには、StorageGRID Webscaleシステムを再起動する必要があります。

手順

  1. [Configuration] > [Grid Options]を選択します。
  2. [Grid Options]メニューから[Configuration]を選択します。
  3. [Stored Object Compression]を[Enabled]に変更します。

    [Stored Object Compression]を[Enabled]に設定した状態
  4. [Apply Changes]をクリックします。